言語:
伝名和長年像
でんなわながとしぞう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本著色伝名和長年像
長谷川等伯筆
はせがわとうはく
1幅
絹本着色
82.4×39.0
安土桃山時代・16世紀
東京国立博物館
A-10472
長谷川等伯(1539~1610)がまだ信春と名乗っていた頃の代表的作品の1つ。老年の像主は深緑の夏の素襖(すおう)姿で畳の上に座しており、その前に華やかな肩衣袴(かたぎぬはかま)の小姓と栗毛の馬の差縄(さしなわ)を引く馬丁が描かれている。像主の傍らには紺の巻太刀(まきだち)が立てかけられている。小姓や馬丁は腰刀(こしがたな)を指し、馬丁のものには燧袋(ひうちぶくろ)を付けている。
像主は南北朝の武将、名和長年とされてきたが、可能性は少なく、むしろ信春と同時代の武士と考えらている。