言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
車争図屏風
くるまあらそいずびょうぶ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本著色車争図
狩野山楽筆
かのうさんらく
4曲1隻
(車争図屏風のうち)
紙本着色
175.7×370.8
江戸時代・17世紀
東京国立博物館
A-10129
もと九条家の「源氏の間」の襖絵を4曲1隻の屏風に仕立てたもの。『源氏物語』の「葵」の巻に取材する。賀茂の斎院の御禊の行列に加わった光源氏の姿を見ようとひしめく群衆の中で、葵の上の一行と六条御息所の一行とが、牛車の置き場所をめぐって争いをおこす。古来、「葵」の図として好んで、鳥瞰法(ちょうかんほう)でとらえられた画面には、彼の大和絵研究の成果が如実にあらわれている。