言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
西湖春景・銭塘観潮図屏風
せいこしゅんけい せんとうかんちょうずびょうぶ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本淡彩西湖春景銭塘觀潮図
池大雅筆
いけのたいが
6曲1双
紙本淡彩
(各)166.5×371.0
江戸時代・18世紀
東京国立博物館
A-1195
向かって右隻が西湖春景図、左隻が銭塘観潮図である。西湖は中国浙江省杭州(せっこうしゅうこうしゅう)市城の西にある湖。古来名勝の地として知られ、日本においても漢画系の画家によってしばしば描かれている。銭塘観潮は、同じく浙江省の銭塘江で旧暦8月18日、河を遡ってくる満潮を見物すること。池大雅(1723-76)は、日本の南画(なんが)(文人画)の大成者として知られる。岩や樹木の点描の繊細な筆致と、水平にひかれた春景の霞や銭塘江の水の流れの藍や黄やえん脂(じ)が織りなすハーモニーが楽しい。