言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
天狗草子絵巻模本 興福寺巻
てんぐぞうしえまきもほん こうふくじかん
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:紙本着色天狗草紙(東寺、醍醐寺、高野山巻及延暦寺巻)
狩野養信模
かのうおさのぶ
1巻
(天狗草紙絵巻のうち)
紙本着色
35.5×1209.0
江戸時代・文化14年(1817)
東京国立博物館
A-1733-2
 現在は原本の伝わらない巻の模本で、興福寺巻に文化14年(1817)狩野養信(晴川院)(1796~1846)が江戸幕府の所有物であったものを写した旨の記述がある。東大寺巻もこれと一具になっており、同様のものと考えてほぼ間違いないであろう。興福寺巻は同寺でもっとも重要な法会である維摩会(ゆいまえ)を描き、東大寺巻は大仏殿と戒壇院を描く。
鎌倉時代の重要文化財・天狗草紙(東京国立博物館A-31)の附指定となっているものである。