言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
碣石調幽蘭第五
けっせきちょうゆうらんだいご
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:碣石調幽蘭第五
1巻
紙本墨書
縦27.4全長423.1
唐時代・7~8世紀
東京国立博物館
TB-1393
 中国・魏晋南北朝時代、梁末期の弾琴の名手、丘公(きゅうこう)の作と伝える『琴譜(きんぷ)』を抜書きしたもの(鈔本)。丘公は字(あざな)を明といい、会稽(浙江省)の人。詳細は不明であるが、楚調(そちょう)を得意とし、とくに「幽蘭」の曲においては精絶であったという。隋の開皇10年(590)、97歳で没した。
 琴の曲「幽蘭」の弾奏法を論じ、末尾には「楚調」「千金調(せんきんちょう)」「胡笳(こか)」以下「楚妃歎(そひたん)」まで、59種の曲名を列挙している。
 唐代初期の楷書の整った力強い筆致で1行20字に書かれ、巻首の補筆部分も、唐代の人物の書写と見られる。
 幕末・明治の医者森立之(もりりっし)の『経籍訪古志』(けいせきほうこし)、清代の黎庶昌(れいしょしょう)の『古逸叢書』(こいつそうしょ)に収録されて広く知られるようになった。京都・西賀茂の神光院に伝来した。