言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
江田船山古墳出土品
えたふなやまこふんしゅつどひん
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:肥後江田船山古墳出土品
熊本県和水町 江田船山古墳出土
古墳時代・5~6世紀
東京国立博物館
J-136ほか
 江田船山古墳は菊池川中流の左岸台地上に展開する清原(せいばる)古墳群の中心的な前方後円墳で、墳丘の長さはおよそ62メートル。5世紀後半から6世紀初めに築造されたと考えられている。明治6年(1873)に、後円部の石棺式石室(横口式家形石棺ともいう)から豪華な副葬品が一括して出土した。
 副葬品は著名な銀象嵌銘のある大刀をはじめとする刀剣や、甲冑などの武器・武具類、金銅製冠帽や沓、金製の耳飾、玉などの装身具、6面の銅鏡、馬具、陶質土器に大別でき、これらの副葬品は複数回の埋葬に伴なって埋納されたと考えられている。
 大刀の銀象嵌銘は、埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した鉄剣(国宝)の金象嵌銘とともに、本格的な記録的文章としては日本列島で書かれた最古の例である。銘にある「獲□□□鹵大王」を雄略天皇とする説が有力で、固有名詞や職掌を示すと見られる表現などから、5世紀後半の王権と地方豪族の関係や王権の組織を知るうえで、きわめて貴重な資料となった。
 金製や金銅製の装身具は、豪華であるばかりでなく、朝鮮半島から輸入されたと考えられるものが多く、埋葬された人物たちが、日本列島と朝鮮半島との関係において、重要な役割を担っていたことが想像される。