言語:
片輪車螺鈿手箱
かたわぐるまらでんてばこ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:片輪車蒔絵螺鈿手箱
1合
木製漆塗
縦27.3 横35.5 高20.9
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
H-4445
 漆を塗った表面に金粉を密にまき詰め、切った貝をはめ込む「沃懸地(いかけじ)螺鈿」の技法で造られた手箱。蓋と身がぴったり合う合口(あいくち)造りで、口縁には錫の覆輪(ふくりん)をめぐらせ、身の側面に車輪をかたどった銀製の紐金具を付ける。表面には、漆の細い線に金粉をまく付描(つけがき)の手法で流れる水を表し、水に浸した牛車の車輪は切り透かした貝片を貼り付けてある。蓋の裏には、巴紋(ともえもん)が散らしてある。
 手箱は化粧道具や料紙、文具などを納めた調度品の一つ。この手箱は、平安時代の作で同じ主題による『片輪車蒔絵螺鈿手箱』(東京国立博物館蔵H4282)に比べて量感に富み、金の色彩の強さが強調され、また、片輪車などの文様の配置が規則的になっていて、鎌倉時代の嗜好が感じられる。