言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
片輪車蒔絵螺鈿手箱
かたわぐるままきえらでんてばこ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:片輪車蒔絵螺鈿手箱
1合
木製漆塗
縦22.4 横30.6 高13.5
平安時代・12世紀
東京国立博物館
H-4282
 平安時代の漆工芸を代表する名品である。手箱としては小ぶりで、蓋を身より大きく造ってかぶせる被蓋造り(かぶせぶたづくり)となっている。片輪車は、牛車(ぎっしゃ)の車輪が乾燥して割れるのを防ぐため水に漬けた平安時代の情景を描いたものといわれ、和鏡や装飾経の料紙にも見られるこの時代に好まれた意匠である。
 表面は、黒漆を塗った上に不整形な金粉を密にまいて地にし、水の流れとそこに浸された車輪は、金と青金(あおきん)の研出(とぎだし)蒔絵に螺鈿を交じえて描いている。研出蒔絵は、漆で描いた文様に金や銀などの粉をまいてから、さらに漆で塗り込め、乾いた後に研ぎ出す技法。また青みがかった金色の青金は金と銀の合金で、光線によって微妙な色調の変化を見せる。螺鈿は夜光貝などを文様の形に切って、漆を塗った器物に貼る技法である。
 側面に付けた銀製の紐金具には、車輪形の透彫をほどこして意匠を統一し、蓋と身の内面にも、研出蒔絵で飛鳥や草花を散らしている。