言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
太刀 銘安綱(名物童子切安綱)
たち めいやすつな めいぶつどうじぎりやすつな
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:太刀 銘安綱 (名物童子切安綱) 附 絲巻大刀 梨地葵紋散蒔絵大刀箱
伯耆安綱
ほうきやすつな
1口
長80.0 反2.7
平安時代・10~12世紀
東京国立博物館
F-19931
 作者の安綱は平安時代の伯耆国(鳥取県西部)の刀鍛冶で、作品は比較的多く伝わっている。この太刀は、腰反りの高い姿で、変化に富む小乱れの刃文を焼いており、古来「天下五剣」の一つといわれた。江戸時代の刀剣書『享保名物帳』には、「童子切安綱」として源頼光が丹波国の大江山で酒呑童子(しゅてんどうじ)を斬った太刀であるという伝説を記している。酒呑童子伝説は室町時代に生まれたものと考えられている。
 豊臣秀吉、徳川家康・秀忠が所持し、越前藩主の松平忠直に贈られ、のちに津山藩(岡山県)の松平家に伝わった。