言語:
太刀 銘長光(号大般若長光)
たち めいながみつ ごうだいはんにゃながみつ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:太刀 銘長光(大般若長光)
長船長光
おさふねながみつ
1口
刃長73.6 反り2.9
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
F-19789
 作者の長光は、備前国(岡山県東南部)長船(おさふね)派を起こした刀工、光忠の子で、長船派の隆盛の基礎を築いたとされ、薙刀(なぎなた)や剣の作品も現存している。
 華やかな刃文は見事で、長光の代表作である。室町時代にこの太刀の代価が600貫であったことから、600巻からなる大般若経にかけて「大般若長光(だいはんにゃながみつ)」と称された。
 もと足利将軍家に伝えられたといい、やがて織田信長の所有となり、姉川合戦の功で徳川家康へ、さらに長篠合戦の功で奥平信昌へ与えられた。