言語:
  次の作品
  < 前の作品  
短刀 銘吉光(名物厚藤四郎)
たんとう めいよしみつ めいぶつあつしとうしろう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:短刀 銘吉光(名物厚藤四郎)
粟田口吉光
あわたぐちよしみつ
1口
長27.6 無反
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
F-19547
 作者の吉光は、鎌倉時代の京都・粟田口派(あわたぐちは)の刀工で、通称を藤四郎(とうしろう)といい、短刀の名手として知られる。
 室町時代から名物として名高く、寸法が短くきわめて小ぶりであるが、刀身が極端に厚いことから「厚藤四郎」と呼ばれた。地鉄(じがね)、刃文ともに抜群の出来である。
 足利将軍家に伝わり、その後、一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)、黒田如水、豊臣秀次、豊臣秀吉などの所有を経て毛利秀元に伝わり、毛利家から徳川家綱に献上されたという。