言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
太刀 銘吉房
たち めいよしふさ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:太刀 銘吉房
福岡一文字吉房
ふくおかいちもんじよしふさ
1口
刃長70.6 反り2.7
鎌倉時代・13世紀
東京国立博物館
F-144
 作者の備前国(岡山県東南部)福岡一文字派(ふくおかいちもんじは)の吉房は、助真(すけざね)、則房(のりふさ)とともに鎌倉時代中期の備前鍛冶を代表する刀工である。
 この太刀は、全体に強く反った豪壮な造りで、丁子刃(ちょうじば)の刃文が華やかである。
 豊臣秀吉が所持していたものを徳川家康の武将、竹腰正信(たけのこしまさのぶ)に与え、同家に代々伝わったといわれる。