言語:
太刀 銘備前国長船住景光 元享二年五月 日(号小龍景光)
たち めいびぜんのくにおさふねじゅうかげみつ げんこうにねんごがつにち  ごうこりゅうかげみつ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:太刀 銘備前国長船住景光  元享二年五月 日(小竜景光)
長船景光
おさふねかげみつ
1口
長80.6反2.7
鎌倉時代・元亨2年(1322)
東京国立博物館
F-130
 景光は、光忠に始まる備前(岡山県東南部)長船(おさふね)派の三代目を継いだ名工で、鎌倉時代末期に活躍した。作風の華やかさの点では父長光(ながみつ)と異なるが、地鉄(じがね)の冴えが優れている。太刀、短刀、薙刀(なぎなた)や剣の作品も現存している。
 表の樋(ひ)の中には倶利伽羅龍(くりからりゅう)を、裏には梵字を浮彫としている。刀身の元から龍がのぞいているように見えるので「のぞき龍景光」ともいわれた。
 幕末に山田浅右衛門家の所有となり、明治天皇に献上された。