言語:
松林図屏風
しょうりんずびょうぶ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:紙本墨画松林図
長谷川等伯筆
はせがわとうはく
6曲1双
紙本墨画
各156.8×356.0
安土桃山時代・16世紀
東京国立博物館
A-10471
 長谷川等伯(1539-1610)は、狩野永徳、海北友松(かいほうゆうしょう)らとともに桃山時代の画壇で活躍し、墨の濃淡や光の効果的表現を追求した。これは等伯の代表作で近世水墨画の傑作である。
 画面全体に霧が立ちこめ、左隻の松林は右端の雪山まで奥深く続き、右隻では向かい合った林がたがいに傾いて地面の起伏を暗示する。松葉や地塗りの筆致は荒い。ひんやりとした霧の中を歩いていると黒い影が現れ、松林に囲まれていて、かすかに山の頂が望まれる。一瞬の体験を永遠にとどめたような、静まり返った光景は、わびの境地ともいえる世界である。
 不規則な紙継ぎ、左右で寸法の異なる紙幅、地面の線のずれ、両端で切れた松、画面両端の「長谷川」「等伯」印が基準印と異なることなど、謎が多く、草稿ともいわれる。主題の上では「浜松図」など、やまと絵景物画の流れを汲むが、等伯が私淑した中国・南宋時代の画僧牧谿(もつけい)の、自然に忠実たろうとする思想と水墨技法が、日本で到達し得た希有の例である。