言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
観楓図屏風
かんぷうずびょうぶ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
国宝
指定名称:紙本著色観楓図
狩野秀頼筆
かのうひでより
6曲1隻
紙本着色
150.2×365.5
室町~安土桃山時代・16世紀
東京国立博物館
A-10470
 画中に押された印章から、狩野秀頼筆とわかる。元信の次男の秀頼とする説、孫の秀頼とする説がある。
 画面右奥の伽藍は京都・高雄の神護寺、左奥の雪に閉ざされた参道は、愛宕神社に続く道と見られ、一般に「高雄観楓図(たかおかんぷうず)」と呼ばれている。紅葉の名所として名高い高雄の清滝川のほとり、紅葉の下で着飾って酒食を楽しむ男女や僧の姿と、寺社へ向かう橋を前景に描く。楓の葉の赤が全体に散りばめられ、画面の彩りは豊かであるが、色調はむしろ重厚で、落ち着いた風格がある。
 画面を秋の景物で埋めながら、一部に冬の景色も描いてあり、平安時代以来の四季絵の伝統を踏まえた構成になっている。失われた他の1隻の屏風には、おそらく春夏の景物が描かれていたものと見られる。