言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
普賢延命像
ふげんえんめいぞう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本著色普賢延命像
1幅
絹本 著色 掛幅 一幅一鋪
縦91.3(上12.4補絹) 横41.9
鎌倉時代・13世紀
青蓮院(京都)旧蔵
奈良国立博物館
1175(絵216 A)
 普賢延命法は増益や延命を祈る修法で、普賢延命像はその際の本尊となる。普賢延命像の図像は二臂と二十臂の二種に大別され、前者は天台において、後者は真言において重視されたといわれる。本図は天台宗の門跡寺院である青蓮院に伝えられたもので、右手に独鈷杵、左手に独鈷鈴をとるという二臂通有の姿であらわされる。普賢延命菩薩は大金剛輪を踏む一身三頭の象に乗り、その象をさらに無数の小象が支える。その像容は不空訳『普賢延命金剛最勝陀羅尼経』に従うもので、小異はあるものの平安時代後期の作とされる松尾寺本と図様をほぼ同じくする。
 本図は補彩が加えられ、五仏宝冠より上は後補の絹に代わっているが、穏やかな円顔や衣文に沿って置かれた細かな截金、油煙によって黒ずむもののわずかにのぞく当初の鮮やかな彩色などは平安仏画の特色を示す。一方、光背の内区は截金を用いず銀泥一色で賦彩し、花や鈴などで飾られることの多い白象が何も身に付けない姿であらわされるなど、控えめな荘厳は松尾寺本とは一線を画しており、平安時代には遡らない鎌倉時代初めの制作と推測される。