言語:
  次の作品 > 
  検索結果に戻る  
  < 前の作品  
地蔵菩薩像
じぞうぼさつぞう
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:絹本著色地蔵菩薩像
1幅
絹本 著色 截金 掛幅 一幅一鋪
縦92.1(上5.8補絹) 横38.1
鎌倉時代・14世紀
中蔵院(岡山)旧蔵
奈良国立博物館
1109(絵208 A)
 地蔵菩薩は、釈迦如来の滅後、次に弥勒如来が現れるまでの無仏世界において、衆生の済度にあたる。六道、すなわち天・人・阿修羅〈あしゅら〉・畜生〈ちくしょう〉・餓鬼〈がき〉・地獄〈じごく〉の六種の生き物の世界のあらゆる所に赴くとされ、その行動性を表すため、飛雲に乗った立像でよく表されたが、この様に山水景観中に坐る静的な図もある。補陀落山〈ふだらくせん〉の観音を表す図からの連想により構成されたかとも推量される。像容は、僧形で左手に宝珠、右手に錫杖を執り、通例と変わらない。相貌や体躯は小さく引き締まって端正にまとまる。着衣の青緑系を主とする彩色と過剰気味の細緻な截金文様、また山水描写に取り入れた素朴な水墨画的手法など、宋元画の影響も見られ、鎌倉時代後期の仏画の傾向をよく示す作品である。