言語:
清拙正澄墨跡(法語)
せいせつしょうちょうぼくせき(ほうご)
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
指定名称:清拙正澄墨蹟 法語
清拙正澄筆
せいせつしょうちょう
1幅
紙本 墨書 掛幅
縦32.7 横101.5
鎌倉時代・嘉暦2年(1327)
安田新三郎旧蔵
奈良国立博物館
1017(書63)
 清拙正澄(大鑑禅師、1274~1339)は元から来朝し、日本の風俗に即した禅林の規矩である『大鑑清規』を撰するなど、わが国の禅宗の発展に貢献した禅僧である。愚極智慧の法嗣。月江正印の実弟。嘉暦元年(泰定3年・1326)に53歳で招かれて来朝し、北条高時に迎えられて鎌倉・建長寺の第二十二世となった。そののち円覚寺や南禅寺を歴住し、元弘3年(1333)には後醍醐天皇の勅により京都・建仁寺第二十三世を嗣いだ。
 この墨跡は、来朝した翌年の4月22日、建長寺在住中に月窓禅門に与えた法語で、徳山和尚の語を引用して悟道の要諦を説き示している。全文27行。年紀、署名、花押、印記を備えており、清拙正澄の代表的な墨跡である。
 なお月窓禅門については詳らかではないが、鎌倉幕府の要人の1人かと考えられている。