言語:
古今和歌集巻第二、第四断簡(亀山切)
こきんわかしゅう かんだいに かんだいよんだんかん かめやまぎれ
画像一覧
部分一覧
スライドショー
重要文化財
一帖
縦22.5×横15.7(紙数17紙)、手鑑寸法縦33.8×横24.6
平安時代・11世紀
九州国立博物館
B-15
「亀山切」は、平安時代中期に書写された『古今和歌集』巻一・二・四の写本の断簡で諸家に分蔵される。17紙39首の和歌を収める当館本は、その最大のまとまりとなっている。本文の特徴は、「古今和歌集巻第二」という内題を有することや、流布本(定家本)にない和歌を含むことなどがあげられ、研究上注目される。現在の装丁は、各葉を台紙貼りした折帖装で、もとは綴葉装の冊子本であったと考えられている。料紙は、全体に細かい雲母{きら}を蒔き、頁により天地あるいは地だけに薄藍の繊維を漉き込む。こうした薄藍の繊維を漉き込んだ料紙は雲紙{くもがみ}とよばれるが、本作品ではそのやわらかさと透明感が特筆される。あたかも天空にたなびく雲を思わせ、清雅な趣を醸している。そこに、繊細優美で流動的な筆致が展開され、古来、平安古筆の優品の一つに数えられる。切名が示すように江戸時代には丹波国亀山藩松平家に伝来し、その後実業家で茶人であった益田孝{ますだたかし}(号鈍翁{どんのう}、1848-1938)らが所蔵した。